So-net無料ブログ作成
検索選択

【バットマン vs スーパーマン】ゴッサムでの戦いの後だから。 [映画]

Do you bleed? 挑戦者としての日々が始まりました。

5回目の記事は現在公開中の映画「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」。
・「マン・オブ・スティール」2013年公開 【映画】
・「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」2016年3月25日公開 【映画】

sub02_large.jpg

アメコミヒーローものが流行りに流行っているこのご時勢、遂にジャスティス・リーグが始まろうとしているわけですね。
もうこれからの洋画はシリーズを深く知らないと100%楽しめないようになってきています。だからこそ、世界中が期待するこの世紀の闘いに向けて、少し知識を共有しておきたいなーと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=lCGk4Qa5kC0

まずこの世界には2種類のヒーローがいます。マーベルのヒーローとDCのヒーローです。
アベンジャーズに出てくるアイアンマン、キャプテンアメリカなどにスパイダーマンを加えた面々がマーベル。
そして今回のスーパーマン、バットマンにワンダーウーマン、グリーンアロー、フラッシュなどを加えた面々がDCです。
アベンジャーズは現在フェーズ3に入っていまして、アントマン、デッドプールに続いて4月公開のキャプテンアメリカ3でソニーのスパイダーマンも参戦!とかなり盛り上がってきています。
しかし、どうしても他人とは思えないスーパーマンと、大ファンであるゴッサムシティのバットマンが遂に合間見える、半ば世界の常識なので言っちゃうと、そう、ジャスティス・リーグが始まるんです。
ヒーローが集まってチームを組む。男の子の夢はいつの時代もどの世界でも共通なんです。

まず先週公開された「バットマンvsスーパーマン」ですが、スーパーマンの誕生を描いた2013年公開の「マン・オブ・スティール」の正統続編です。
スーパーマンの基礎知識がなく且つ前作を見ていないと、全くといっていいほどこの映画にはついていけません。気をつけてください。
予告を見ても分かりますが、前作のクライマックスを一般人として彼が目撃するところを丁寧に描いたところから始まります。
ここの哀愁具合は初っ端からヤバいです。
スナイダー監督やノーラン製作総指揮、そしてダークナイト3部作からゴッサムやヤング・スーパーマン、グリーンアローなどについても語りたくてしょうがないのですが、まずは知っておいてほしい北米での常識の部分を書こうと思います。

スーパーマンは地球人ではなく、クリプトン星という文明が栄え資源が尽き滅びた他の星の人です。彼はカル=エルという名前ですが、生まれてすぐに地球に送られ、クラーク・ケントとしてケント夫妻に育てられます。
この青春時代はSmallville(ヤング・スーパーマン)のシーズン1~10で見られます。
今回の映画では、レックス・ルーサーは同級生ではありませんでした。
ダイアン・レイン演じるケントおばさんは本当にいい味出していました。
普通の人間ではないクラークを育てた愛が、とてつもなく大きなものだったのだと感じずにはいられません。
主演のヘンリー・カヴィルとの会話をしっかりかみ締めて見て欲しいです。

もう一つ彼のことで大事な情報は、クリプトナイト(緑色の鉱石)がスーパーマンの唯一の弱点であることです。
前作を見ていれば分かりますが、彼は地球で育ち、太陽からの電磁気をエネルギーにしているため、故郷のクリプトン星の鉱石クリプトナイトが近くにあると死んでしまいます。
数いるヒーローの中でもチートクラスの彼ですが、ゾッド将軍もバットマンもルーサーもこの弱点をとことん突きます。だってそれ以外は無敵ですもん。

スーパーマンに関する常識はこんなものだと思いますが、敬愛するバットマンについて書くスペースがなくなってしまったので、この記事の題名についてすら今回は触れずに、この映画の感想は次週に続きます。
スーパーマンシリーズの絶対的宿敵レックス・ルーサーは今回禿げではありませんが、演じるジェシー・アイゼンバーグは本当に素晴らしかったです。最高です。
ジョーカーのようなサイコ野郎としての振る舞いがぴったりで、スーサイド・スクワッドの後にジョーカーと共演することに万が一なったりしたら発狂します。
モリアーティ教授の時も書きましたが、悪役はやっぱりこうでなくっちゃ!

さて、今回はケントさんが仰っていたこの映画の核である名言で終わります。
People are afraid of what they don't understand.
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント