So-net無料ブログ作成

【シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ】あんたの正義は一体何だ? [映画]

ゆとりですがなにかっぽく始めてみました。いい曲ですよね。
https://www.youtube.com/watch?v=e4I9bjviQu8
このドラマ段々面白くなってきましたね。
他にはやっぱり「トットてれび」。満島ひかりの演技は前から大好きです。
明々後日は笑点50周年記念日。歌丸師匠、本当にお疲れ様でした。

11回目の記事は現在公開中の映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」について。
・「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」 2016年4月29日公開 【映画】
・「アントマン」 2015年公開【映画】

civilwar-1-1024x512.jpg

マーベルによるアベンジャーズ フェーズ3がアントマンを皮切りに始まりましたね。因みにウォーマシン(この写真で負傷している人)が好きで、このシーンは涙腺やばかったです。
フェーズ3のファイナルは2018年と19年に公開の「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」ですけど、はっきり言って今回のシビルウォーはアベンジャーズ3と言っていいと思います。
何が言いたいかというと、アイアンマン1から全てのアベンジャーズシリーズを見てきたアメリカンヒーローもの大好きな私的に、今回のシビルウォーは一番面白いんじゃないかってほどの良作です。最高です。
https://www.youtube.com/watch?v=Bam1GVCSOWQ

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」はキャプテンアメリカシリーズの3作目で、時系列的にはアベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロンの後に当たります。
キャプテンアメリカシリーズのキャラのスティーブやバッキー、ファルコンに加えて、アイアンマンにウォーマシンとブラックウィドウとアイアンマンシリーズキャラも総出。
さらにウィッチやヴィジョンも勿論のこと、アントマンやスパイダーマンやブラックパンサーもお披露目ともうお腹一杯過ぎる内容になっているのです。
初登場のピーターパーカーとブラックパンサーの背景をしっかり掘り下げた上で登場させているので、今作を機に単体作がすごく楽しみになりましたし、予想以上に面白くて笑えるアントマンは、彼の映画をしっかり見てればスコットがなぜキャプテン側についたかも分かってきます。アントマンもかなりおすすめです。

さてさて、この作品が群を抜いて面白いのは今まで愛着を育ててきたヒーロー同士が2手に分かれて対決するストーリーだからです。
ヒーローが増えすぎたため、強大な敵をみんなで力を合わせて倒すみたいなストーリーは正直もうお呼びではないんですよね。
野原ひろしも言っていました。「正義の反対はまた別の正義」なんだって。
今回キャプテンとアイアンマンが戦うことになった理由の掘り下げがとても丁寧なんです。
それぞれがヒーローをしてきた過去と背景があって、守りたいものがあって、どちらも間違った正義ではなくて、だからこそ戦うのは悲しくて、でもだからこそ極上のエンタテイメントがここに完成していて。
アイアンマン1~3、キャプテンアメリカ1~2、アベンジャーズ2は見てないと少し置いてきぼりを食らう気もします。アクション映画として見るならそれでも大丈夫ですが、この映画の裏側で描かれている葛藤はかなり味わい深くて考えさせられるものになっていますよ。

アベンジャーズ2のストーリーは、アイアンマンが良かれと思って作った正義のシステムが暴走して人類を滅ぼそうとしてしまったことから始まりました。
その時ソコヴィアでは彼らの戦いの被害で死んでいった大勢の人々がいました。この辺の背景は「バットマンvsスーパーマン」と似ていますね。
その時の原因を作ってしまったトニー、そして彼がアイアンマンになった理由も自分の企業が作っている兵器で生んでいる戦争を憂いてのことでした。自らの技術力が凶器にもなることを肝に銘じているトニー、だからこそ管理されない正義の危険さを知っています。
世界大戦の時から正義を内なる心に秘めたロジャース、人体実験でキャプテンアメリカとなりヒドラと戦う中で、国や組織の勝手な都合で兵士が使い捨てられ、それらのエゴで世界が滅びかける様を何度も見てきたからこそ、遅すぎる決定を待っていては世界を救えないことは目に見えていたのでしょう。
それぞれのヒーローにはヒーローになった理由があって、手を組むことはあっても一つの価値観の下で迎合するのは不可能なのではと思ってしまいます。
今回の映画では絶対的な悪はいません。彼らの内戦を仕組んだ黒幕ですら、感情移入できるだけの人間味のある正義を持って存在します。正義は一つではない。ならばあんたの正義は一体なんだ? ヒーローものはただのアクション娯楽の枠を超えていきます。

語りたいことが多すぎて枠が足りませんが、最後に一つだけ。ブラックパンサー側のエージェントでマーティン・フリーマンが出演していました。ドクターストレンジ扮するベネディクト・カンバーバッチも集合したら、シャーロックコンビがまさかのアベンジャーズで合流!ぜひお願いしますマーベルさん!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント