So-net無料ブログ作成

【スーサイド・スクワッド】やっぱり悪役はゴッサム出身で決まり。 [映画]

サラダ油を買いました。そうするとフライパンを使うことができて、ご飯や卵やお肉を炒めることができるんですね。世界はこうやって広がっていくのかもしれません。
お米を研ぐのは凄く楽しいですけど、今月はお惣菜を買ってくるだけではなく、生の豚バラ肉を買うような一つ上のステージにいこうと思います。
そんなこんなで一人暮らしのペースにもやっと少し慣れてきました。でも、18時に家に帰ったとしても一瞬で24時になってしまいます。一日って結構短いですよね、やりたいことが多いのかな。
仕事が週4日で一日6時間になればいいのに。そんな理想の世界になるまでには、まだ15年ぐらいはかかりそうな気がします。
9月は雨が多かったですけど、10月はきっと天気のいい日が続くでしょう(予言&願望)。

30回目の記事は現在公開中の「スーサイド・スクワッド」について。
・「スーサイド・スクワッド」 2016年9月10日公開 【映画】

suicide-squad-margot-robbie-adewale-akinnuoye-agbaje.jpg

結構話題になっている作品ですが、PS4のゲーム「ノーマンズスカイ」と同じであまり宣伝しすぎない方が良かった作品かもしれません。
万人受けする作品ではありませんが、DCコミックスのファンとしては外せないです。ハーレーが遂にスクリーン登場ですよ、こんなにキュートになって。
海外ドラマのゴッサムにはまだ出てこないですね(シーズン2現在)、アイビーやセリーナは幼少から出ているのに。やはり本物のジョーカーが出てこないとダメなんですかね(意味深)。

https://www.youtube.com/watch?v=Y_KkOxqV-Lg
予告は結構盛り過ぎです。何が盛り過ぎかというと、ジョーカーはほとんど出てこないことと、悪ばかり出てくるなりのどんでん返し感はないからです。ディパーテッド並みのスリルと予測できない感は欲しかった。
ダメ出しはこのぐらいにして、ポジティブな紹介をしていきましょう。最低でも私は結構楽しめました。
世界観はバットマンvsスーパーマンの直後のゴッサムシティ周辺のどこか。だからスーパーマンは地球から出て行っちゃったし、バットマンは結構年食っている笑
スーパーマンの前2部作を見ていないと、なんでこのチームを作ろうとなったのかが全然すんなり入ってきません。スーパーマンがテロリストなのではないかと疑われた過去、何かが起こった時に結局人間サイドで立ち向かえたのはバットマンだけだったという過去は知っておいた方がいいかもしれません。

スーパーマンは一切出てきませんが、バットマンは少し出てきます。そして演じているのはしっかりベン・アフレック。ちゃんと続き物だったんですね、という安心感。
フラッシュとかもまたちょこっと映ったりはしていて、やはりこの時間軸の先でDCヒーローは集合していくつもりなのでしょう。早くグリーンアロー来ないかな。
でもやっぱりバットマンのゴッサムシティでの長い戦いは終わった後の世界観。ジョーカー以外は死ぬか収監されているのでしょう。因みに、ロビン(多分2代目)は殺された後の世界でした、だからハーレーがいるんだろうけど。

始めの各悪者紹介は、DC系好きなら楽しいです。でもまあキャラが立っているのはデッドショットとハーレークィンだけですけど。
この映画の醍醐味はなんと言ってもマーゴット・ロビー演じるハーレーがエロ可愛いこと。彼女はウルフ・オブ・ウォールストリートでも好きでした。クレイジーなんだけどちょくちょくダークコミカルな、まさに素晴らしい演技でした。
やっぱりゴッサム出身の悪役は、誰をピックアップしても物語になりますね。
早くゴッサムシーズン3が見たい!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント