So-net無料ブログ作成
検索選択

【いっしょにチョキッとスニッパーズ】初めての共同作業です。 [Switch]

Nintendo Switch記事第2弾。
相変わらず毎日ハイラルを動き回るのに忙しいゼルダっ子です。しかしNintendo Switchというハードの本領はここではありません。任天堂ゲームの強みはなんといっても友達との複数人数プレイ。ローンチタイトルとして「1-2-Switch」「ボンバーマンR」「いっしょにチョキッとスニッパーズ」を買ったので順々に紹介していきたいと思います。この神ハードのおかげでおうち遊びが更に楽しくなってきました!

51回目の記事は「いっしょにチョキッとスニッパーズ」について。
・「いっしょにチョキッとスニッパーズ」2017年3月3日発売 【ゲーム】

C6qx_tfUwAAqJcr.jpg

定価1800円のこのビッグタイトルではないこのソフトをなぜローンチと同時に買ったのか。そんなのは決まっています。女の子と二人でいちゃいちゃワイワイ遊べると思ったからです。それ以上でもそれ以下でもありません、ええ。
しかしその機会よりも先に野郎と二人で遊び、野郎だけで四人で遊ぶ機会がやってきて、めちゃくちゃ盛り上がりました。なんかこの感覚がやっぱり一番落ち着きますね、どこまでいっても男子校出身というか。
男と二人でパズルに燃えて止め時がわからなくなり、男三人で知恵を絞り、男四人集まってわーわー言いながら試行錯誤して解を導きハイタッチをした瞬間に、ああこのゲームは凄いゲームだったのだなと感動しました。
マリオカートとかのようにずっとやり続けることはないゲームかもしれませんが、友達と協力してクリアするというこの感覚を味あわせてくれたこのゲームを、私は手放しに絶賛したいと思います。もう、女の子と二人でこのゲームを遊べなくても、私に悔いはありません(強がり)。

さて、ゲームの紹介です。Switchのジョイコンを渡して二人以上でプレイします。それぞれが長方形と楕円の中間みたいな形のキャラを動かし、お互いが重なった部分を切ることができます。そうすると相手のキャラは切られた部分がなくなって小さくなり、別の形へと変わっていきます。尖った部分を作ってあげれば風船を割ることができたり、凹みのような楕円に切ってあげれば物を運べたりします。二人で形を切り合い、型に合わせたり、謎を解いたりするパズルを続けていきます。
このパズルの肝は解が一つではないこと。ひらめき次第でどんな解答だって導き出せますし、初期フォルムのまま強引にクリアすることもできたりします。だから自由度高く二人または四人で考えて、こうじゃないああじゃないと言い合いながら実験し続けていきます。そして、悩めば悩むほど、苦労すれば苦労するほど、一緒にクリアした時の快感が一塩になります。それはボードゲームのパンデミックをみんなでクリアした時の感覚に似ているかもしれません。
http://dbywars.blog.so-net.ne.jp/2016-12-03-1
この前一番盛り上がったのは、四人でパズルの中の粘土を溢れないように型にはめるやつです。多分何十分もかかってしまった気がしますが、達成感MAXでした。

ゼルダもそうですけど、最近のゲームは自由度が圧倒的に広いなと思います。ここ数年のゲーム業界の盛り上がりが本当に凄くて、世界基準で言えばゲームクリエイターの給料はうなぎのぼりですし、プレイヤー人口が確実に増えていくことでこういう粒ぞろいな名作が生まれやすくなっていると感じます。
数学の問題みたいに一つの解答に大して一つの道筋しかないものは、もう人気が取れない時代になってきています。それぞれが好きな方法や思いつきで答えにたどり着こうと悪戦苦闘する。これこそが「ゲーム」というもので、だからこそ子供も大人も魅了されていくのでしょう。時にこの「いっしょにチョキッとスニッパーズ」はパズル色が強いので、是非子どもの教育用に買ってあげてほしいです、全国のパパママの皆さん。

最初は二人でしか遊べないゲームだと思っていましたが、三人や四人でも難易度の高いパズルを楽しめますし、なんならバトルモードまであります。バトルは特に戦略性のあるものではなくて、マリオパーティのミニゲームみたいなものですけど。でもこういう軽い対戦がこのNintendo Switchでは、テレビモードでもテーブルモードでも楽しめるので相性バツグンなのですよね。早くマリオパーティ出ないかな。
1800円のゲームでここまで遊べると考えると、とりあえずSwitchユーザーは全員買いでいいのではないでしょうか、一緒にゲームをする友達やら家族がいるのならば。

世界中の人々がゲームを一流の文化として嗜み、誰もがゲーム友達になり、頭が良くなるためには人生楽しむためにはゲームは避けて通れないでしょ、と言われる時代までもう少しかかるかなーと思います。そしてそんな時代に任天堂とソニー株価が爆上げしてくれるとうれしいですね。岩田さん、ゲーム人口は少しずつ増えていっていますよ。
それではまた来週!

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント