So-net無料ブログ作成

【スプラトゥーン2】みんなで一緒に「ぬりたくーるテンタクル!」 [Switch]

社会現象クラスの神ゲーが遂にやってきました。神ハードであるNintendo Switchに、元々神ゲーだったスプラトゥーンの悪いところが全部解消されて、満を持してこの夏、ゲーム業界に殴り込みをかけてきました。因みに私は前作未プレイです。
オンラインゲームにここまでハマるのはいつぶりでしょうか、去年のオーバーウォッチ以来ですね。最近戦っていたBF1も素晴らしいゲームでしたけど、スプラトゥーン2は本当に社会現象クラスの中毒性と面白さと奥深さを誇ります。スマブラレベル。
発売日にプロコンが欲しくなって渋谷の電気屋を回りましたが、本体はおろかコントローラーすら完全な売り切れ状態です。どれだけ。しょうがないからヤフオクしました笑

69回目の記事は、空前絶後のブーム「スプラトゥーン2」について。
・「スプラトゥーン2」2017年7月21日発売 【ゲーム】

top_visual.png

4:4でペンキをぬりたくーるゲームです。初心者でもバトルにしっかり貢献できます。ゲームが苦手な人こそ、気軽にTPSをここで楽しんでほしい、オンラインでのチームバトルの熱さと楽しさを知ってほしい。参入障壁はとても低いゲームです。
ほとんどの武器を試してみた結果、私は圧倒的にシューター系が好きなようでした。塗るスピードがとても速いですし、連射性が高い方がストレスたまらないからです。
しかし溜めを上手く使ってくる相手には火力で負ける可能性が高いので、断然逃げます。むしろ、相手を殺すことよりも、生き残り続けて塗りたくることこそ最も大切だと思っています。だからレギュラーマッチのナワバリバトルではかなりの確率で勝てるようになり、2回に1回は一番上に結果発表されるようになりました。

このゲーム得意なのでは、と天狗になった私はガチマッチで打ちのめされます。全然勝てない。すぐに死ぬ。なんだ、この強すぎるプレイヤーたちは!発売してまだ数日なのに、こいつらもしかして経験者なのでは?
ガチマッチにはヤグラとホコとエリアの3種類のルールがありますが、まだまだそれらの本質は分かっていません。まだ発売1週間未満では、私の実力では何も出来なかったからです。リーグマッチ挑戦なんてもってのほかです。
しかしこのゲームの感想はスピードが勝負だと思い、ファーストインプレッションの時点でこの記事を書くことにしました。ストーリー性のあるゲームではないので、クリアしてから書こうというインセンティブもないからです。
おかげさまで今週末発売のドラゴンクエストXIのプレイ開始は、相当後送りになりそうです。ごめんよ。今年もゲーム大作ラッシュが本当にヤバイですね。FarPointもクリアしてないです。どうしよう。あとお金がもうない。
ヒーローモードとよばれる一人用モードや、サーモンランという協力戦もあります。一人用モードは、対戦の方が楽しすぎて全然やっていません。でもなるべく早くに、実力アップのためにやろうとは思っています。
サーモンランはいい感じの息抜きになりそうな感覚。なんとなくモンハンに近いですかね。色んな形態の敵が次々に押し寄せてくるのを、4人で協力しながらチーム戦で乗り切るゲーム。ナワバリバトルやガチマッチに比べるとそりゃあ面白くはないですけど、疲れた時に程よくみんなで協力し合う優しい世界に浸りたくなりそうです。
カスタマイズも楽しいですね。ファッションも独特で好きですけど、ギアが対戦後にランダムにオープンされる時は嬉しいです。もっと組み合わせとか考えないと、これからは勝てないのかなあ。

ガチマッチはまだまだ挑戦中なので、ここからはナワバリバトルにおける、私なりに気付いた立ち回り方について書こうと思います。
スタートダッシュは大事です。仲間4人の武器を確認し、誰がステージ真ん中の高所を取りに行くか瞬時に判断します。復活の時にスタート地点付近はまた塗ることができるので、ここはスペシャルゲージを溜めるために塗りたくりながらとにかく前進します。
敵が自分を発見していないようなら、奇襲をかけます。ここで確実に殺すエイム力が欲しいですが、ローラーでひき殺したりバケツで上からぶっかけたりするのも楽しいです。因みにコントローラーはプロコン推奨、ジャイロセンサは絶対にONにしておいてください。手首のスナップで感覚的に相手を追いかけることができるのはとても大切です。なんか本当に直感で操作するような時代になりましたね。技術力すごい。
相手と正面から敵対したら、基本は逃げるが勝ちです。ここで追い打ちをかけてきたら、味方と合流して返り討ちにしてやりましょう。でも逃げ道をペンキで塗られたり、いつの間にか挟み撃ちにされたりしたら、ほとんど死にます。なんというか相手を倒すよりも、絶体絶命の所から逃げ延びた時の方が、アドレナリンがたくさん出ます。
マップはなるべくたくさん確認したいです。どこが手薄で、誰が今死んでいて、自分はこれからどこに駆けつけるべきなのか。ほんの数分の間の駆け引きがとても濃密で、なのにすぐ終わるから止め時が全く見つからなくて、中毒のように続けてしまいます。
そして一番大切なのは、ラスト30秒です。とにかくここは絶対に死んではいけません。最後の数秒で逆転なんてよくあることだからです。
まだまだこれからヒートアップしていくイカしたゲーム「スプラトゥーン2」。他人のプレイ動画をSwitchのニコニコで見て勉強しながら、少しずつ強くなろうと思います。

ああ、もうスペースが。それではまた来週!ぬりたーくるテンタクル!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント