So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

【スパイダーマン:ホームカミング】ソニーとマーベルの最強コラボレーション。 [映画]

社会人になると、学生の頃ほどは刺激がなくて、毎日同じような日々が過ぎていくのかもしれないと思っていました。20代後半にもなれば、精神的にも成長していて、少しのことでは動じないような大人になっているのだと思っていました。でも今なら少しわかります。年齢なんか関係なくワクワクするような日々を送ることもできるってこと。多分どこまでいっても成長しきることなんてないってこと。
特別な才能を夢見ていた15歳の頃、一体どれだけヒーローに憧れていたのか、もうあまり思い出せません。地に足着いたヒーローに、私は近づけているのでしょうか。
今回の記事はそんな15歳のおちゃめなヒーローの物語です。みなさんこの映画は絶対に映画館で見てくださいね。

71回目の記事は、「スパイダーマン:ホームカミング」について。
・「スパイダーマン:ホームカミング」2017年8月11日公開 【映画】

20170201_spironman0.jpg

アメコミ映画大好きな私の大本命がやってきました。まずは副題のホームカミングの意味から。ディズニーのマーベルスタジオが「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」として、アイアンマンからアベンジャーズシリーズを始めて久しいですが(勿論私は現在までに公開されている15作全部見てきています)、スパイダーマンだけは版権をソニーが持っていたのでマーベルヒーローと一緒に映すことができなかったんですね。
で、数年前にソニーとマーベルが仲良しになり、お互い自由に版権に縛られずに映画を作れるようになりました。映画界の転換点です。そしてやっとスパイダーマンはマーベルの世界にホームカミングできたのです。そんな副題をソニーが付けたということも大きな意味を持つと思います。

http://dbywars.blog.so-net.ne.jp/2016-05-15
物語は「シビルウォー/キャプテンアメリカ」でのスパイダーマン初登場シーンから始まります。2度目のリブートなので、もうベンおじさんの死も蜘蛛に噛まれるシーンもお腹いっぱいな観客向けに、ヒーローもの1作目としては異例の、ヒーロー誕生秘話を一切描かないという思い切った描き方をしています。
15歳の高校生ピーター・パーカーは、世界のヒーローであるアイアンマンやキャプテンアメリカと会い、その興奮で動画を撮影する、まさしくヒーローに憧れるアメリカのただのティーンエージャーでした。今までのスパイダーマン作品に漂っていた孤独感や悲壮感が一切ない、シンプルな娯楽作として仕上がっていました。私はアンドリュー・ガーフィールド扮するアメイジングシリーズが大好きだったのですが(ヒロインがエマ・ストーンで可愛すぎる点が重要)、こっちのトム・ホランド版も全く雰囲気が違っていて最高。若さが前面に溢れていて、大人になりきれていない私としては共感の嵐でした笑

スタートからゴールまで忙しなく物語は進んでいき、笑いの要素もふんだんに盛り込まれているため、見ていて全く飽きが来なく、今までのスパイダーマンシリーズを見ていても一切既視感がありませんでした。それは多分物語の切り口がガラッと変わったからでしょう。姿を隠してヒーロー活動する大変さや、恋人とヒーローとの間で揺れ動く描写などはほぼ全カット。とにかくトニー・スタークに認めてもらいたくて騒ぎを起こしていくほんとにただの15歳。だからこそすごく愛おしい感じで見てしまいます。
今までのMCUを見ていると、トニー・スタークがどんな考え方をしてどんな決断をしてきたかがわかるので、ピーターの先輩としてのトニーの台詞が過去の自分にも向いていて深いです。ほんとに味のあるおじさんになりましたロバート・ダウニー・Jr。数少ない登場シーン一つ一つがカッコよすぎて、慣れ親しんだキャラだからこその安心感があります。さりげなくペッパーが出てきたのも、ちょっとしたサプライズでした。
キャプテンアメリカのVTRも勿論好きでしたよ。

そしてこの映画がここまで面白い作品になった最も大きな理由は、悪役を演じたマイケル・キートンだと思います。マイケル・キートンといえば、初代バットマンを演じ、最近ではバードマンに出ていた人です。彼が今回の悪役「バルチャー」を演じました。
今作はスパイダーマンの誕生や家族、恋人を掘り下げない分、悪役であるバルチャーの掘り下げに描写を丁寧に使っていたと思います。ニューヨークでの事件後にがれき処理の仕事のリーダーをし、スタークのせいで仕事がなくなり家族が路頭に迷うぐらいならこの隕石の力を利用しよう。そして8年間、自分の身の丈をしっかり把握し、アベンジャーズに知られないように細心の注意を払いながら闇ビジネスしてきた人。
境遇がとても同情できるキャラで、人を殺したり世界を混沌に鎮めようとしたりもしない、地に足がついた悪役だからこそ、久しぶりに骨のある愛するべき悪役が生まれたのだと思います。今回は、予想もしなかったビックリもあり、とても印象に残りました。

今までのスパイダーマンとはガラッと雰囲気の変わった、普段洋画を見ない人も楽しめる万人向けの娯楽作として完成していると思います。ヒーローものの中で、一番ハードルが低い作品なので、是非是非みなさん映画館に足を運んでください。まだ夏休みは終わっていませんよー。
それでは、また来週!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

【パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊】波が激しい時こそバルボッサのおじさんの出番です。 [映画]

最近心の波の揺れ動きが激しくて、さらっと先週分の更新を忘れました。その分お盆休みに連投します。
自分自身の心を自在にコントロールすることは思っていたよりも難しくて、いつの間にか舵を握れていなかったことが相応に起こり得ます。その状況に自分で気付くことは少し勇気のいることですが、「己が下手さを知りて一歩目」ということで、曲がり始めていたベクトルを元の方向に戻せるだけでも大きな一歩なのかもしれません。
今年のお盆は家でゆっくり休憩しようと思います。またいつか、船の舵を自分で握って、自由に大海原に出ていけるように。ジャックのコンパスに映る私の一番欲しいものは、どちらの方角を指すのでしょうか。

70回目の記事は、「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」について。
・「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」2017年7月1日公開 【映画

5.jpg

ジョニー・デップのパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの第5弾。ディズニー配給で、子ども含めた万人向けの最大級娯楽作がやってきました。ジャックの動きとかハチャメチャな展開とか、映画として本当にシンプルに楽しめる作品です。でもやっぱりシリーズ通して見ていると嬉しい要素が多いです。
今回は第1作目から通してのシリーズの感想も書こうと思います。

1作目の呪われた海賊たちの完成度は、誰も文句のない素晴らしい出来だったと思います。そういえば最初の敵役はバルボッサでしたね。海賊同士のいざこざ感が楽しくて、ファンタジー要素はまだ少なかった初期。あくまで自分自身を一番大切にするジャックと、人のために動くウィルの対比は最初から健在でした。でも憎めないんですよねー、キャプテンスパロウは。金貨を奪い合うという構図も海賊らしくて楽しい。
2作目のデッドマンズ・チェストは、デイヴィ・ジョーンズ編の前半にあたり、ノリントンとジャックとウィルの三つ巴感がとても楽しい作品です。当時の期待値もとても高く、映画史上の興行収益も5本指に入るレベルでした。みなさんノリントンやベケット卿覚えています?笑 とにかくこの映画で大切なことは、ヘクター・バルボッサがラストで復活したことでした。当時、あのリンゴをかじる仕草が流行ったなー。
3作目のワールド・エンドでは「パーレイ」という言葉が流行ったような気がします。また見ないと色々思い出せませんが、絶滅されかけた海賊たちが集結して、最大の戦いに挑むスケール感ある物語でした。その分登場人物も多くて大変。こういう時、海外ドラマや洋画慣れしていると、どれだけ登場人物が多くて複雑な関係でも、問題なく楽しめるんですよね。デイヴィ・ジョーンズはさすがのラスボス感を漂わせていました。
4作目の生命の泉は、前3部作とは変わってウィルとエリザベスが出てこないので、少し雰囲気が変わった映画になりました。人魚の描写が生々しかったり、ペネロペ・クルスがかなりいい味を出していたりと、単作として完成していました。それでもそこまでは印象に残らなかったイメージ。今作もやっぱり主役はバルボッサでしたね。ジャックが一番魅力的なことには変わりないんですが、結局何をしたの?と考えると、バルボッサの方が人間らしく色々動いているんですよね。

そして5作目である今作の最後の海賊。原題の「Dead Men Tell No Tales」は、あのアトラクションで人形がずっと歌っている歌詞ですよね。なぜそこからこの邦題になったのかは見終わっても分からず。
さあ、ここまで主役をずっと張ってきた(個人的見解)ジェフリー・ラッシュ演じるヘクター・バルボッサの最大の見せ場がこの映画になります。ネタバレを含まないブログなので詳しくは語りませんが、やっぱりこの男が動くことで物語は前に進んでいきます。
今作で準主役を張ったヘンリー(ウィルとエリザベスの息子)と天文学者のカリーナもかなりいい味を出していました。ヘンリーは父親のウィルにそっくりの行動をしますし、1作目を懐かしくしてくれます。カリーナはビックリするほどの美人。この感動を一言で表すなら、アメイジング・スパイダーマンでのヒロインであるエマ・ストーンを初めて見た時に、こんな美人がこの世にいたのかというほどの驚き。(SONY配給のスパイダーマン・ホームカミングは8/11公開です、皆さんお見逃しなく。)
この2人にジャックを加えると、最初の頃の3人を思い出してきて、やっぱり3人で動いてこそジャック・スパロウは輝くなと思いました。勿論バルボッサと2人で動いている時も輝いているんですけどね。
戦闘シーン等もシンプルに笑える楽しい絵ですし、物語も迷わずに、気軽に誰でも楽しめる娯楽大作だなと思います。
3作目のラストのシーンを見て当時感動した人たちには、今作のラストは絶対見逃せません。ウィルとエリザベスが少しでも出てくれるだけで、こんなに嬉しいものだとは思いませんでしたね。

ジャックの冒険はまだまだ続きます。私の冒険もまだまだ続きます。自分の心が差す羅針盤の方へ向かって、お互いまた頑張りましょう!それではまた来週!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ