So-net無料ブログ作成
検索選択
ボードゲーム ブログトップ

【バトルライン】ポーカーができると人生勝ちやすい。 [ボードゲーム]

ホワイトパーティーの余韻を残したまま、5月病で会社に向かったら、結構みんな5月病でした。普段の業務だけでは面白くないので、未来の話をしようということになり、AIやIoT、NodeにAWSにElastic Searchなどこれから自分たちがやりたいことをやろうとなりました。Googleの20%ルールみたいでとても素晴らしいなと感動しました。AIを導入してみたくて、話を聞くために個人的に勝手に営業を会社に呼んでいたことをこのタイミングで打ち明けたら、怒られずにむしろ行動力を褒められました。そんなこんなで、2017年度はAI編に突入します、多分。
未来の話には心踊りますが、過去からずっと引き継がれてきたものにも心踊らされるものはたくさんあります。中世ヨーロッパから存在していたボードゲーム「バトルライン」もその一つ(大嘘)。ポーカーを2人対戦用に洗練させたようなこのゲームは、2人で遊ぶにはこれ以上のものはないほどの完成度と奥の深さです。最近はボードゲームの紹介を全然していませんでしたが、やはり原点回帰して少しずつ紹介していきたいと思います。

59回目の記事は2人用ボードゲーム「バトルライン」について。
・「バトルライン」2000年発売 【ボードゲーム】

battleline-display-w1070.jpg

6色で1~10までのカードを使って役を作っていきます。9つのフィールドがあるので、それぞれで向かい合う敵と戦っていき、過半数の5つを勝ち切るか、隣り合う3つのフィールドを勝ち取るかで勝敗が決まります。
それぞれのフィールドの勝負は3枚ポーカーに近い形で行います。ストレートフラッシュが一番強く、次にスリーカード、フラッシュ、ストレート、ブタと並びます。勿論同じ役では数字が大きい方が勝ちます。ここまで書いていくと、やはりルール自体はとてもシンプルなので、1回戦ってみればすぐにやり方はわかります。
しかしこのバトルラインはとてもとても深い戦略性を必要とします。それはまるで囲碁や将棋のように。それは言い過ぎですかね。でも実力差が出にくいですし、手札を1枚増やすだけで結構なハンデになるので、参入障壁は物凄く低いです。1戦するごとに結構頭脳を消耗しますけど。
なぜ深いゲーム性になるのかというと、9種類の特殊カードも使うことになるからです。それは1枚出すだけでそのフィールドを一発逆転されうるだけの威力を持っていますが、手札を圧迫するのであまり持ちすぎることもできない諸刃の剣。このバランスが絶妙なのです。勿論、全ての特殊カードの効果は暗記しておき、どれが相手の手に入ったかを把握しながら戦わなくては勝てません。
そして頭脳を大量消費する大きな理由に、証明があります。基本は特殊カードの効果を考えずに行いますが、現状こうなっているのでこのフィールドであなたが勝つことはできないと証明し、相手がそれに納得したら勝敗がつくのです。ロイヤルストレートフラッシュを完成させる以外は、この証明を使って戦っていくことになります。

後半は、経験者向けの戦略についての個人的な感想を。
やはり一番強いのは10,9,8でロイヤルストレートフラッシュを強引に作ってしまうことです。相手より先に3枚置いて勝ち切るにはこの手段しかなく、余計な特殊カードを使われて手を崩される前に完成させたい。逆に相手はこれが完成する前に、特殊カードで潰せれば儲けもの。さらに裏をかいて、完成しそうに見せかけて実は完成しないフィールドを相手に攻撃させればそれはそれで良い戦法だと言えます。
10のスリーカードを作るよりは3,2,1のストレートフラッシュを作った方が強いですが、完成しにくさもさながら、霧を使われるとどうしようもなくなります。役が完成するのはどうしても中盤以降になり、序盤は相手より少しだけ強い役を作れるかもよーと脅していくチキンレースになるため、小さい数字はあまり出したくないですね。でも捨てフィールドを作って、余分になりそうなカードを早めに出していきたい気持ちがものすごく強くなります。終盤の負けられないチキンレースで、どうしようもないカードを出すとそれは敗因に直結します。
取りに行くフィールドもとても大事です。3つ連なるフィールドで負けると速攻負けになるので、左右から3つめや中央のフィールドは結構重要になりがちです。逆に端っこはお互い捨てフィールドにしがちですけど、やはりそこで欲をかいて勝てるとサドンデスで思いがけずに生きてきます。自分の手札がダメな時は相手も大概ダメで、自分が良い時は相手も良い時が多いので、お互い勝ちたいフィールドはガチンコ勝負になりますね、やはり。
特殊カードは相手が引き始めるまでなるべく我慢したいですけど、根負けし始めたらやはりどんどん引きたくなります。お互い引き始めるとすぐに特殊カード山札はなくなります。しかしアレクサンダーかダリウスを引き、それをもし2枚どっちも引いてしまうと一気に手札を圧迫して不利になってしまうリスクがあるので、引き過ぎには注意です。
配置転換とかはあまりうまく活かしたことはないですが、どれも1ターン保留すると考えれば特殊カードは悪くないです。なるべく相手に早く手を決めさせることが大事になってきます。後出しがやっぱり強いのですよね、このゲームって。裏切りや脱走はここぞという時に逆転の手として使いたさすぎて、持ちすぎてしまう嫌いがあります。手札は空きを設けて広々と数字を引くべくだと思います。
まだまだ語りたりませんが、あとは戦場で語り合いましょう。それではまた来週!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

【パンデミック:新たなる試練】俺たちは、また、世界を救えないのか。 [ボードゲーム]

はい、中二病みたいな題名で始まりました。週末はボードゲームで世界を救い、平日夜や休日午前はモンスターを狩りに出かけたり、奪われたクリスタルを取り戻しに旅に出たりと、25歳の男の子は毎日大忙しです。
太陽の光を昼に浴びていると、好きな音楽をかけながらドライブしたいなという気持ちになることもありますが、ファイナルファンタジーXVの中で音楽かけながら世界中をドライブしていたら満足するようになりました。(廃人)
なんで男の子は何歳になっても世界を救おうとするのでしょうか。死ぬまでにあと何十回世界を救いに旅に出るのでしょうか。そこにドラマがある限り、私たちは世界を救うことをやめることは出来ないのでしょう。
仕事を減らし、休みを増やし、ゲームをする!
そんな理想の世界を目指して、今日も私は頑張ります。

37回目の記事は、4人で協力して世界を救うボードゲーム「パンデミック:新たなる試練」
について。
・「パンデミック:新たなる試練」 2013年発売 【ボードゲーム】

components_pandemic2013.jpg

ボードゲームの記事は実は久しぶりです。
カタン:http://dbywars.blog.so-net.ne.jp/2016-08-06
街コロ:http://dbywars.blog.so-net.ne.jp/2016-09-11
ボードゲームは基本、3~4人でお互いが対戦するものが多いです。そうするとやはり、経験値で勝ちやすい人と負けやすい人が出てしまうのはどうしようもないことです。それでも、ボードゲームの大きな長所は、あらゆる対戦ものの中で一番初心者と上級者で差が出ないことです。チェスや将棋、スポーツテレビゲーム、全ての対戦ものは、実力が拮抗していないと楽しめないというジレンマを必ず抱えています。
なかなかプレイしている人が日本で少ないだけで、実はかなり参入障壁の低いボードゲームですが、その中でもこの「パンデミック」はかなり低い方に入るのではないでしょうか。なぜなら、このゲームは全員が勝つか全員が負けるかの戦いだからです。初心者が一人だけさっさと負けるということがありません。珍しい協力型のボードゲームです。

背景です。世界に疫病が蔓延しました。4種類のウイルスは世界中で広がり続け、時間が経てば世界は滅亡します。まさにウォーキング・デッドの世界になってしまうのです(想像)。
ウォーキング・デッド:http://dbywars.blog.so-net.ne.jp/2016-10-21
そこで私たちは、それぞれが固有のジョブを持ち、お互いのスキルを活かし、ウイルスの蔓延を食い止め、ワクチンを開発します。その間にも世界はどんどん感染していきます。世界が滅ぶのが先か、私たちがワクチンを作るのが先か。
手に汗握るギリギリの戦いを、共に協力して繰り広げていきます。

6つのジョブからランダムでそれぞれ選ばれるのですが、この役割がかなり重要になってきます。毎回違うジョブの組み合わせなので、ウイルスとの戦い方も毎回変わってきます。
そして、このゲームは3つの難易度から選べるのですが、そのバランスが絶妙。
基本は中級でプレイします。そしてあと一歩で世界が救えるーというところで、全員負けることが多いです。この時の悔しさは表現できません。あと1ターンというところで、何度世界を滅亡させてしまったか。悔やんでも悔やみきれません笑
そして上級はまだプレイしてもいません。この難易度は、全員がかなりの経験者になり、1ターンも無駄な動きをしないベストな選択をし続けて、それでも多分世界を滅びるだろうというレベルらしいです。この難易度で世界を救うのが、2017年の私の、いや、私たちの目標です。
それと、このゲームには拡張版が既に発売されていて、拡張第1弾「パンデミック:迫りくる危機」、拡張第2弾「パンデミック:科学の砦」、拡張第3弾「パンデミック:緊急事態宣言」と続きます。いや、先に「パンデミック:クトゥルフの呼び声」かな。そうです、私たちの冒険はまだ始まったばかりなのです。

協力型のゲームなので、このボードゲームも常にコミュニケーションが発生します。カタンもそうですけど、素晴らしいボードゲームは必ず多くのコミュニケーションが促されます。だからこそ、またやりたくなる。集まりたくなる。救いたくなるのです。
仕事だけをしていると、やはり視野がどんどん狭くなっていくのを感じます。なるべく外に出ようと他のグループ会社のこと(最近はモバイル)に積極的に首を突っ込んでいますが、それでもまだまだ狭いです。
そんな時は、軽く世界を救いにいきませんか。共に世界の脅威と戦いませんか。フィクションの中にある遊び心が、視野を広げてくれることって、きっとあると思います。世界なんて数えきれないほど溢れているのですから。
今週はとことん中二病チックに書きました。(いつもか笑)
それではまた来週。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

【街コロ】インドアライフ、始まる。 [ボードゲーム]

品川に住み始めて1週間が経ちました。住む場所が変わるというのは思っていた以上のストレスがかかるようで、結構体調崩しがちなスタートとなりました。
それでもニトリや電気屋さんに行くのは楽しく、必要だと思うもの欲しいものを揃えていたらあっという間に初期費用が飛んでいきました。
そこで私は今年の新しい目標を立てることにしました。「節約」です。節約に最も効果的なことは2つあると昔から言われています。
そうです、宅飲みとボードゲームです!

今週のメッセージはこれです。
4000円を夜の居酒屋に使うなら、家の中で集まって1000円で飲みましょう。1日7000円以上かけて遊園地行くなら、家の中で集まって0円でボードゲームでもスマブラやマリカでもやりましょう。
前回ディズニーの記事を書いたとは思えないほどの手の裏返し様ですが、そんなこんなで27回目の記事は日本製ボードゲームの「街コロ」について。
・「街コロ」 2012年発売 【ボードゲーム】

P3330660.jpg

今回紹介するものはなんと日本発。ボードゲーム大国ドイツの年間ゲーム大賞に2015年にノミネートされた作品。日本発でこの賞にノミネートされるのは史上初。日本らしさやのんびり感が詰まった良ゲーです。2016年現在では、8カ国語で発売されています。
ボードゲーム初心者にオススメな軽めの内容で、2~4人用の30分ぐらいで終わるものなので最初のアイスブレイクとしては最適。システムがカタンと似ているので、カタンにすんなり入りやすくなるのではないかと今日思いました。
コンビニや麦畑などの施設を毎ターン拡充していき、サイコロの目に対応する施設を持っているとお金をもらうことができ、そのお金でさらに施設を増やしていくゲームです。
自分が振ったサイコロだけでしかお金が手に入らない施設もあれば、誰かが一定の目を出せばお金をもらえる施設もあります。施設は全部カードになっていて、大量のカードをテーブルに並べながら行うスタイルのボードゲームですね。

カードの種類もそこまで多くはなく、戦略も色々簡単に作れるため、初心者と経験者に差がつきにくいタイプだと思います。だからこそ、ボードゲームって人生ゲームのことでしょって思っている人はここから切り崩していくべきなのかもしれません。
しかし、スタートの状況が毎回同じなので、そこが少し飽きやすさに繋がっている気もします。私の中での良ゲーは、毎回スタートから状況が変わり、新鮮な気持ちで挑むことができるものだからです。とは言っても、2年ほど前からやっていますが、まだまだ飽きは来ないと思っています。
そして、このゲームには2種類の拡張パックが存在して、「街コロプラス」と「街コロシャープ」を追加すれば、施設の種類が格段に増えます。まだ買ってないのでどんな感じなのかはわからないです。お金が貯まってからですね。拡張パックと言えば、海カタン(航海者版)を買いました笑

紹介はこのぐらいにして、そろそろ戦術的な話も。最初の大きな決断は、駅を先にひっくり返すかショッピングモールを先にひっくり返すかだと思っています。つまりはサイコロ2個に早々とするか、あえてサイコロ1個で戦うか。
対戦相手がどれだけサイコロ2個に切り替えるかで森林や鉱山の威力が変わってきますし、青カードの強さも人数で変わってきます。そこまでガチの頭脳ゲーではないので、ある程度は運に左右されながら楽しむスタイルのゆるいものですが、方針がアンマッチになるとトップに追いつける気がしなくなってしまいます。
個人的には牧場大量拡充からのチーズケーキファクトリーですが、一つの目にかけるのはリスクも高いですよね、難しい。

2人対戦用の「バトルライン」や4人協力型の「パンデミック」を買ってみたりと、少しずつ熱をボードゲームに移していっています。小さい頃からゲームを通じたコミュニケーションの方がメリハリがあって好きだったからこそ、今ボードゲームがしたくてしょうがないのかもしれません。いつか家族ができた時にも使えるかもですしね。
インドアライフは、始まったばかりです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

【カタンの開拓者たち】ボードゲームで世界を開拓しよう。 [ボードゲーム]

一人暮らし、今月末から始まります。品川駅最寄りの港区民になります。The 背伸び!
アクアパーク品川の年パス買っちゃいました。気が早い!
一人暮らししたらやりたいことの上位に、友達と集まってボードゲームをしょっちゅうしたいというのがあるんですね。でもボードゲームってまだそこまでメジャーではなくて、その面白さにしっかり触れた人ってあまり多くない印象があります。
顔を突き合わせてコミュニケーションを取りながら、時々お酒を飲みながら、ゲームとしての駆け引きを楽しんでワクワクする、ハラハラする。とても魅力的なエンターテインメントではないですか?
そこで、本ブログ「遊び心はフィクションから。」の新ジャンルとして、ボードゲームの紹介も時々して、普及していこうかなと思います。ボードゲームもフィクションですよね笑

23回目の記事はドイツ製ボードゲームの「カタンの開拓者たち」について。
・「カタンの開拓者たち」 1995年発売 【ボードゲーム】

275745630-origin-1452100778.jpg

やはりボードゲーム記事第1弾としては、このゲームを語らないと話が始まりませんよね。
世界三大ボードゲームとの評判高く、世界20カ国語以上に翻訳され、世界中で2000万以上売れているボードゲーム界の頂点、「カタンの開拓者たち」。
因みに一番売れているのは「モノポリー」で、「カタン」は世界2位らしいです。
プレイ人数は3~4人、拡張版を使えば5~6人。プレイ時間は60~90分。結構重厚なタイプ。

遊び方は、まず写真のようにタイルを置いてフィールドを作ります。このフィールド(カタン島)が毎回ランダムなので、何度やっても飽きないのです。
そして自分の家や道を建てていき、文字通り未知の島を開拓していきます。自分のテリトリーが広がれば手に入る資源も増えていき、その資源を使ってまた新たな家や街を建てていきます。
机にボードを広げて、4人で囲んで座り、自分たちで島を開拓していく。まさしく王道の中の王道ボードゲームです。
ルール動画を下に貼っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=BAWr8J9LBmA
ゲーム開始時にタイル並べてフィールド作っている時に、私は海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の主題歌が脳内再生されるんですけど、これ、分かってくれる人いませんかね笑

さて、このカタンがなぜ驚異のリピーター率を誇るのか、研究室時代なぜ私は毎日のようにカタンをプレイしてしまったのか、その理由は2つあると考えています。
それはコミュニケーションとゲームバランス。

まずコミュニケーションについて。このゲームは自分の作った家などが面している土地から資源を手に入れ、その資源を使ってゲームを進めていきます。つまり資源がなければ何にもできないのです。
資源には「木」「土」「麦」「羊」「鉄」の5種類があり、島とゲームの性質上どうしてもバランス良く手に入れることができません。木ばかり手に入る人もいれば、羊ばかりの人もいます。
そこでこのゲームは、毎ターンフリートークの交渉タイムがあります。自分の資源と相手の資源を自由に交換することができるのです。今、鉄が希少だと見れば、「誰か私の鉄1つ上げるから麦2つくれない?」のように、強気に交渉することも多々あります。いや、基本強気に交渉します笑
完全なフリートークなので、うまくWin-Winの関係を作りつつ、相手を優位にはさせすぎないようにしていく。常に会話しなければ勝てないゲームなので、みんなで集まって遊ぶだけの意味と楽しさが詰まっているのです。
一人で黙々と自分の点数とにらめっこするのならば、テレビゲームをした方がいいですよね。

もう一つの素晴らしさは、ゲームバランスの抜群の良さ。
家などを建てていき10点獲得すると勝ちなのですが、なぜか8~9点ぐらいから接戦が多発します。運要素と邪魔しあう要素が絶妙で、強い人が圧勝することはまずありません。だからしょっちゅう切迫した駆け引きを、誰もが味わうことができます。
その接戦で負けると、すぐに「もう1回!」って言ってしまうのです。1ゲーム約60分かかるのに笑

戦法もたくさんあります。木と土をたくさん手に入れて道を伸ばしていく戦法、麦と鉄にフォーカスして街を作っていく戦法、羊を大量放牧して港で貿易していく戦法、騎士カードを集めて常にトップの邪魔をし続ける戦法。
毎回新しくなるカタン島で、周りの動き方を見ながら、戦法を考え、コミュニケーションを取っていく。これぞTheボードゲーム!

海カタンや騎士カタンも買って何度かプレイしたら、それらについてもいつか書いていきます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
ボードゲーム ブログトップ